リフォームアンケート

ゆったりとリラックスできる空間へ!お風呂リフォームのポイントは?

2018.07.18


疲れた体をリラックスさせてくれる癒しの空間といえば、やはり「お風呂」ではないでしょうか。浴槽に浸かってほっと一息つけば、一日の疲労やストレスが吹き飛ぶという人も多いはずです。そんな大切な場所であるお風呂をリフォームするなら、自分や家族にとってさらなる「癒し」をもたらしてくれる空間にしましょう。ここでは、お風呂をリフォームするときのポイントや注意点、費用について詳しく説明します。

 

最初に検討すべきことは?お風呂リフォームのポイントや注意点

お風呂のリフォームにおいて、最初にすべきことは「リフォーム後のお風呂のイメージを描く」ことです。リフォームが終わったあとのお風呂は、リフォーム前と比べてどのように変わったのかを具体的に思い描くことで、リフォームする際の変更点や費用をかけるべきポイントが明確になります。たとえば、お風呂を「もっとリラックスできる空間」にリフォームしたいのなら、広々としたスペースや好みのインテリアを実現する方向で計画を立てましょう。また、「掃除のしやすさ」を重視するのならお風呂の床を乾きやすい素材にするなど、水はけのよさに注目してはいかがでしょうか。水はけのよいお風呂はカビも発生しにくいため、衛生面が気になる人には特におすすめだといえます。
小さな子どもや高齢者のいる家庭では、安全に配慮して床材をより滑りにくいものにしたり、浴室と浴室外の温度差を少なくしたりする工夫が必要になります。浴槽に張ったお湯の温度と気温との差が引き起こす、血圧の急な変動(ヒートショック)は特に高齢者にとっては脅威です。そういったリスクをできる限り少なくするためにも、浴室暖房をリフォーム計画に組み込んでみるのもいいでしょう。

お風呂のリフォームはいくらかかる?費用相場が知りたい!

お風呂のリフォームで「あれもこれも」と希望を全部叶えようとすると、見積金額が予想外の高額になってしまうかもしれません。そういった事態を防ぐためには、あらかじめリフォーム費用の相場を把握しておくことが重要です。お風呂のリフォーム費用相場は、選ぶプランによって差があります。まずは、シャワーや水栓の交換費用と浴室暖房乾燥機の設置費用ですが、たいていの場合は20万円以下で交換できるでしょう。続いて、浴槽や給湯器の交換にかかる費用です。こちらは少し幅があり、20万〜60万円が相場とされています。つぎに、バスユニットの交換費用の相場ですが、こちらは60万〜100万円程度を目安としておきましょう。そして、もっとも高額な費用となるのが、従来のお風呂を解体して新型のバスユニットを設置するプランです。どういったバスユニットを採用するかによって価格帯は異なりますが、100万〜200万円ほどは見積もっておくことをおすすめします。

リフォームプランの種類は?お風呂のどこを変えられるの?

お風呂でリフォームできる種類や部位はさまざまです。シャワーヘッドやシャワーの水栓といった小さいところから、給湯器の交換、浴室暖房乾燥機の設置、浴槽やバスユニットの交換といった大きな工事まで、プランにあわせたリフォームができます。浴室を解体して新しいバスユニットを設置するといった、大がかりなリフォームも可能です。
大がかりなリフォームであれば、たとえば浴槽や洗い場のスペースを大胆にとることで、従来とは見違えるような広々としたお風呂が実現します。また、床や壁の素材を変更できるのであれば、カビが発生しにくい衛生的なお風呂場に生まれ変わることができるでしょう。どういった種類のリフォームをするのがベストなのかが分からない場合は、リフォームを専門に行っている工務店などのリフォーム業者に相談するのもよいでしょう。その場合は、一社だけでなく複数社に相談して、提案されるプランや費用を比較検討することをおすすめします。

お風呂のリフォームにはどんなメリットがある?デメリットは?

お風呂のリフォームにはたくさんのメリットがあります。一番のメリットは、やはり「きれいな浴室で快適に過ごせる」という点ではないでしょうか。きれいな浴室なら、お風呂のリラックス効果も高まります。また、「掃除のしやすさアップ」も見逃せないメリットです。お風呂をリフォームすることで、掃除するのが楽しくなるほどの変化が期待できるかもしれません。お風呂をリフォームすることで得られるメリットは、ほかにも「保温効果のアップ」や「水漏れ防止」などがあげられます。お風呂はほぼ毎日使う場所なだけに、少しの不便が解消されるだけで快適さがグンとアップするでしょう。ささいなことでも気になる部分があるのなら、リフォーム時に一挙解消できるようにリフォーム業者と相談することをおすすめします。
ただし、リフォームによって得られるのはメリットだけではありません。場合によっては、リフォームをしたせいで設備の交換や後付けができなくなるといったデメリットが生じるかもしれません。また、そもそものお風呂スペースによっては選べないプランもあるでしょう。そういったデメリットを回避するためにも、リフォームを計画するときは十分な検討を重ねなければいけません。

限られた予算でお風呂をリフォーム!費用別にできること

予算を先に決めておいて、その範囲内におさまるプランを選ぶのもひとつの方法です。ここでは、決まった予算別に選ぶことができるプランを紹介します。まずは、予算3万円で選べるプランから見ていきましょう。予算3万円でできるリフォームは「シャワーの交換」です。続いて、予算15万円なら、安価な「浴室暖房乾燥機の設置」が叶うでしょう。予算30万円まで支出可能なら、「浴槽の交換」ができます。40万円なら「給湯器と浴槽の交換」ができますし、90万円まで予算を見積もることができるなら「ユニットバスの交換」が可能です。そして、予算を130万円までアップすれば、「従来型のお風呂からユニットバスへのリフォーム」も可能になります。

お風呂のリフォームで快適なバスタイムを楽しもう!

お風呂のリフォームは「ぜいたく」だと感じる人もいるかもしれません。しかし、浴室の清潔感や快適性、安全性を保つためには、お風呂のリフォームは必須だといえます。お風呂というリラックス空間をリフォームによってさらに快適な場所にすることで、日常生活がより豊かになるのではないでしょうか。お風呂のリフォームは、スペースや費用によって選べるプランが異なります。どういったプランが最適かなど、判断に迷った場合はぜひリフォーム業者に相談してみましょう。

ご相談はお気軽にどうぞ!

についての施工実例はこちら