リフォームアンケート

一体いくらかかる!?給湯器交換の費用相場

2016.10.19


お風呂でシャワーを浴びたり、台所で食器を洗ったりと日常生活に欠かせないお湯。

多くの家庭が「給湯器」を使っています。この給湯器がある日突然故障してしまったら、想像以上に生活が不便になるでしょう。特に寒さの厳しい冬の間に給湯器が故障してしまうと、全てのことを水で対応しなくてはなりません。そんなことがないように、長く給湯器を使い続けているのなら、そろそろ給湯器の交換を考えてみませんか。ここでは給湯器交換の費用相場を中心にご紹介します。

 

☆給湯器は自分では交換できない327a82681e194997655f811bc13502db_s
DIYが流行っている現代、家の修理なども自分で行う人が増えているようです。そのため、給湯器も自分で購入して自分で取り付けてしまえば安く済むと考える人もいるでしょう。しかし、給湯器は家電製品と違って、本体を購入して簡単に設置できるものではありません。何しろ給湯器はガスを使いお湯を出す装置です。古い給湯器を取り外す際にも細心の注意が必要であり、有資格者・指定工事人でなければ工事は行ってはいけません。自分でできることは、今後どのような給湯器を選ぶのかを下調べすることです。給湯器は給水やガスの接続といった難しい作業が必要であり、素人が行うのは法律で禁じられています。自分の家は何人家族か、どのような生活スタイルなのかを考えて給湯器を選び、取り付けはプロにお任せしましょう。

 

☆給湯器の種類と目安
給湯器の種類を見ていきましょう。まず、給湯器は「号数」が決められています。これは出るお湯の量の違いであり、号数が大きいほどお湯の量がたくさん出ることになります。号数は10号、16号、20号、24号、28号まであり、一般的に使われているのは16、20、24号の3つです。例えば、16号の給湯器なら1分間に出るお湯の量は約16リットルです。一般的なシャワーのお湯は1分間に約10リットル出ますから、16号の給湯器があれば十分シャワーを浴びることができます。しかし、同時に台所でお湯を使って食器を洗うとなると、16号ではお湯の量が足りなくなるので不便です。つまり16号の給湯器は家族で使うには不便であり、一人暮らしの部屋にピッタリの号数となります。逆に、夫婦で暮らすには20号程度の給湯器が良いですし、4人以上の家族がいるなら24号の給湯器がちょうど良いことになります。値段は号数が上がるほど高額になるので、予算と家族構成を考えて給湯器を選んだ方が良いでしょう。また、お湯を沸かすことだけが目的の「給湯専用」から、節電機能がついた「エコジョーズ」まで種類はさまざまです。

 

☆お湯を沸かすだけの「給湯専用」の費用相場とは
「給湯専用」の給湯器とは、お湯を沸かすことが目的の給湯器です。1台あれば台所でも浴室でも快適にお湯を使うことができます。数ある給湯器の中で価格は一番安いタイプであり、給湯器にあまりお金がかけられないとか、お湯を使う機会があまりないという方にはピッタリです。しかし、給湯専用の場合は、お風呂の「追い炊き」機能はついていません。そのため、お風呂にお湯を張ったらすぐに入らないと冷めてしまいます。湯船のお湯を温かくしたい場合は、さらに熱いお湯を足していく方法しかありません。そのため、現在新築の戸建てやマンションにこの給湯専用のものが取り付けられることはまずありません。このタイプの給湯器が使われている場所は、浴室が必要のない会社の事務所や学校などに取り付けられることが多いようです。次に値段ですが、ご紹介する金額は本体価格と取り付け費が含まれた平均相場です。いずれもネットで注文した場合の平均価格なので、個人で東京ガスなどに直接お願いする金額よりは安い金額になりそうです。
16号給湯専用取り付け費込の値段相場およそ5万5,000円
20号給湯専用取り付け費込の値段相場およそ6万円
24号給湯専用取り付け費込の値段相場およそ6万8,000円

 

☆温度設定、自動ストップ、追い焚きがついた「オート」給湯器
給湯器の中でも追い炊き機能などがついている「オート給湯器」を見てみましょう。給湯専用のタイプとオート給湯器の大きな違いは、お風呂のお湯を張る時にあります。まず、給湯専用の場合はお湯を作り出すことだけの機能ですから、浴槽にお湯を張る時も蛇口からお湯を出して自分でお湯を止めなくてはなりません。または水を張り、沸かす装置を使って適度な温度になったら湯沸かし器を止める作業が必要でした。昔はこのタイプの給湯器が多かったので、お風呂のお湯を入れすぎたり、沸かし過ぎたりしてやけどを起こしてしまうこともありました。しかし、オート給湯器の場合、お風呂を沸かすときはスイッチ1つで湯量を調節し、希望の温度にお湯を調整してくれます。さらに、湯船の温度がだんだんと下がってきた場合、自動でお湯の温度を調整してくれる「追い炊き機能」がついています。値段は給湯器専用のものと比べると3割ほど高いのが特徴です。
16号オート給湯器取り付け費込の値段相場およそ8万円
20号オート給湯器取り付け費込の値段相場およそ8万5,000円
24号オート給湯器取り付け費込の値段相場およそ10万円

 

☆追い焚き、たし湯、温度調整がついた「フルオート」給湯器GTCT1A62_0057
「フルオート機能」のついた給湯器を見ていきましょう。こちらはオート機能がついた給湯器がベースになっており、さらに便利な給湯器となっています。例えば、スイッチ1つで浴槽のお湯が張れるのはもちろんのこと、途中の追い炊きに関しても「マイルド追い炊き」と呼ばれる機能があります。これは浴槽に入っている状態で追い炊きをすると、配管部分から急に熱いお湯が出てしまうこともあります。しかし、フルオートの給湯器の場合、熱すぎないお湯を徐々に追加するといったこまやかな機能があり、さらに快適に入浴を楽しむことができます。また、浴槽のお湯が少なくなったら自動的に足し湯をしてくれたり、浴槽内の水を排水するとき自動で循環パイプ内も排水を行ったりと、オート給湯器よりも優れた機能がついています。これらはすべて給湯器のメーカーや機種により機能は違ってきます。しかし、オート給湯器よりもさらに便利な機能性があるのです。
16号フルオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ11万円
20号フルオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ11万7,000円
24号フルオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ12万5,000円

 

☆エコジョーズの給湯器
給湯器の中で「エコジョーズ」と呼ばれるものがあります。これは従来の給湯器の排気熱を再利用することで、効率よくお湯を沸かせるシステムであり、少ないガス量でお湯を沸かすことのできる給湯器です。CO2の排気量も少ないため環境に優しく、国としても積極的にエコジョーズの給湯器を使うように購入者に補助金を出していた時期もありました。この補助金はすでに廃止になりましたが、一部の地方自治体では補助金制度を続けているところもあるようなので、購入を考えている方は住んでいる市区町村に確認を取った方がよいでしょう。エコジョーズオートは、オート機能が付いた給湯器と性能はほぼ変わりません。しかし、熱効率が80%から95%へ約2割アップしている商品で、給湯するときのガス使用量が2割削減されているため、ガス代が安くなるメリットがあります。金額にすると通常の給湯器よりも年間約1万円から1万5,000円程度ガス代が安くなります。初期投資はかかりますが、長い目で見るとエコジョーズの給湯器を購入した方がお得になることもあるようです。
16号エコジョーズオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ12万円
20号エコジョーズオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ12万円
24号エコジョーズオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ14万円

 

☆エコジョーズフルオート給湯器
最後に給湯器の中でも高級と言われる「エコジョーズフルオート給湯器」を見ていきましょう。こちらも通常のフルオート機能がついた給湯器と、性能面ではあまり変わりありません。しかし、浴槽の水を流すときに配管内を清潔な水で洗浄してくれたり、浴槽に人が入ったと同時に少しずつ追い炊きをしてくれたりと、最新の機能が備わっています。もちろんエコジョーズなので、通常の給湯器に比べると熱効率がアップしており、年間のガス料金はお得になっています。
16号エコジョーズフルオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ14万円
20号エコジョーズフルオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ16万円
24号エコジョーズフルオート給湯器取り付け費込の値段相場およそ18万円

 

☆給湯器を変えれば生活が変わる!%e9%9b%bb%e5%8d%93%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a4%e5%a5%b3%e6%80%a7
紹介した給湯器のおおよその値段は、ネット購入した場合の金額を例にあげています。直接メーカーに頼んだり、ガス会社から購入したりする場合は、紹介した金額とは違うこともあるので、参考程度にしてください。給湯器は日々進化しており、昔と比べるとずいぶん便利な機能が増えています。自動で浴槽にお湯をためてくれるだけではなく、追い炊きやお湯の温度の自動調節ができるので、給湯器の性能次第で生活もとても便利になるようです。紹介した給湯器を見ると、コストの安い給湯器は機能性が低く、コストが高い給湯器は機能性が高く、年間のガス代も安くなるのが特徴です。給湯器は初期投資が安ければお得ということでもないので、今後のことも考えてじっくりと選びましょう。マンションか持ち家か、設置する箇所はどこなのかにもよって使える給湯器は変わります。まずは一度リフォーム会社に見積りを依頼し、家庭に合った給湯器を選べるようアドバイスをもらうことが大切です。

ご相談はお気軽にどうぞ!

お風呂についての施工実例はこちら