リフォームの費用って?


家をリフォームしたい!
トイレがつまって、工事が必要・・・
キッチンをシステムキッチンに新調したい!
浴室をバリアフリーにしようと考えている。
このようにリフォームを考え始めた方のほとんどが真っ先に
思い浮かべるのは、「いくらかかるの?」という疑問です。
リフォームの値段は、実は相場や目安を言い当てることは極めて困難です。
なぜなら、依頼する業者、見積り担当者、大工、リフォーム箇所、
現場の状態などによって、価格に幅があるからです。

リフォームの費用の構成/費用幅のからくり

リフォームの費用は、商品代と工事費を足したものです。
このうちの「商品代」とは、設置する商品の価格です。
たとえば、トイレのリフォームの場合を考えてみましょう。
A社の洋式便器(ウォシュレット付き)・・・75,000円
B社の洋式便器(ウォシュレット付き)・・・100,000円
C社の洋式便器(ウォシュレットなし)・・・30,000円
というように、商品代は、商品本体や商品機能などによって変わります。
リフォーム費用のもうひとつの構成要素である「工事費」は、もっと複雑です。
配管交換を伴うリフォームか、配管工事の必要はないリフォームか。
便器を和式から洋式に変えるのか、洋式から洋式に変えるのか。
日当が18,000円の職人3人が、工事を1日で完了させるのか。
日当が28,000円の職人2人が、工事を2日で完了させるのか。
このように、工事方法や工事に従事する職人、職人の数によって、工事費にばらつきが生じてしまうのです。

追加工事がないか確認しましょう

費用に大きな差が生じるリフォームなので、リフォームをお考えの場合は、
3~4社に見積りを依頼して比較検討するのがオススメです。
とはいえ、実際のリフォーム費用は、見積書の額面どおりにならないこともあります。
見積書どおりに工事ができるか、見積り料金に追加工事費が込まれているかを、確認しましょう。
なぜ見積書の額面どおりにならないかというと、
リフォーム工事開始後に、追加工事が必要となってしまうことがあるからです。
たとえば、想定以上に床が腐っていたり、構造に不具合見つかったりすると、
見積りした箇所のリフォームに加えて別箇所の工事も同時にせざるをえなくなるのです。
このように、リフォームにかかる費用の見積りが算出されたとしても、
追加の工事費、工事以外の費用がかかる場合があるので、必ず追加工事費が見積額に含まれているかどうかを確認しましょう。
小冊子プレゼントに申込む
お見積・相談をする
近くのお店をさがす

リフォームのポイント

  • リフォーム会社の選び方
  • リフォームの流れ
  • リフォームのタイミング
  • 相見積りは3社以上から取りましょう
  • リフォームの費用
  • リフォームでよくある失敗
  • 教えてリフォームQ&A
  • 部位別リフォームのポイント

サービス提供エリア

北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 福島県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 | 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 | 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 | 鳥取県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 | 香川県 | 愛媛県 | 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 鹿児島県 | 沖縄県

小冊子プレゼントに申込む お見積・相談をする 近くのお店をさがす